車検切れの車を廃車にする2つの方法

車検切れの車を廃車にする方法は、大きく分けて業者に依頼する方法と自分で行う方法の2つがあります。

 

 

業者に廃車手続きを依頼する場合、面倒な手続きは全て業者が行ってくれますが、数万円程度の費用がかかります。

 

 

また、すでに車検切れだったり、事故や故障により自走できない場合は、レッカー車が必要になるので、さらに費用がかかります。

 

 

ただし、顔なじみの業者で、車の買い替えをその業者で行う場合、廃車手続き費用が無料になることもあります。

 

 

また、廃車買い取り専門業者に買い取ってもらうという方法もあります。通常の業者に廃車を依頼する場合はお金を払うことになりますが、廃車買い取り専門業者に売却する場合は逆にお金をもらえるので非常にお得です。

 

自分で廃車手続きをする場合は、まず必要書類を揃えます。

 

 

必要書類は、車検証・印鑑証明書・自動車リサイクル券です。また、実印(認印は不可)も必要になります。必要書類が揃ったら、解体業者で車を解体してもらいます。

 

 

解体処理が終わると、業者から解体に係わる移動報告番号と解体報告記録日の連絡がありますが、これは手続きに必要なものなので、忘れずにメモをすることが大切です。

 

 

次に、陸運局(軽自動車の場合は軽自動車車検協会)に行き、手続きを行います。申請書類に記入し、ナンバープレートを返納したら、廃車手続きは完了です。

 

 

自分で廃車手続きを行えば、手数料がかからないと思われがちですが、廃車買取り業者に依頼しすることで、動かないような古い車でも数万円で買い取ってもらうことが可能になります。

 

 

車検が切れた廃車する車を、3万円で買い取ってもらった経験です♪