買取りと下取りにはそれぞれメリットとデメリットがあります

車は毎年様々な種類が発売されます。それぞれ性能がアップしており、より乗り手のことを考えた仕様になっています。

 

今乗っている車を売って新しいものを購入する人は沢山いますが、この時に知っておくべき言葉に「買取りと下取り」があります。

 

これらは一見同じような内容にも感じられますが、これらにはかなりの違いがあります。

 

買取りと下取りの違いは、新しく車を購入するかどうかという点にあります。

 

 

「買取り」は、買い取り専門店や販売店に今乗っている製品を直接売却するというものです。この場合は、新しく販売店から車を購入するかどうかは全く問題になりません。つまり、とにかく売るということが問題になります。

 

 

「下取り」は、新しく新車や中古を購入するときに、そのお店に今まで乗っていたものを引き取ってもらうというものです。つまり、新しく購入するというところがポイントになります。

 

 

買取りと下取りにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

買取りの場合は、かなりの高値が付くこともありますが、市場価格の変動がかなり影響するので売却時期が重要になります。

 

下取りの場合は、値引きできない分を下取り価格で補ってくれることもありますが、買取店で出た査定額よりも安くなってしまうことが多々あります。

 

 

このような特徴はありますが、買取りと下取りは利用する店によってかなりの差が出てきます。そのため、自分が損をしないためにも、インターネットなどで様々な店舗を調べてみることが大事です。

 

 

実際にインターネットの査定サービスを利用した時の体験談を載せていますので参考までにどうぞ

 

車検が切れた廃車する車を、3万円で買い取ってもらった経験です♪