車を売るときの流れについて

車を売却するためにはどのようにすればいいのか、その流れを書いていきたいと思います。これを頭に入れておけば車売却の流れが良く分かり、スムーズに行うことができます。

 

 

まずはインターネットや電話で申し込みをします。インターネットの場合は、24時間受け付けしているのでポイントとしては平日の夕方に申し込むのが良いです。

 

 

平日の夕方は大概の方が働いているため来客が少ないのでねらい目となっています。ここから売却する方に店舗から連絡がいきます。この時点でおおよその価格が提示されるため、ここで売る?売らない?の判断することも可能です。

 

 

終了してからは査定が始まります。カーライフプランナーによる車の状態確認です。

 

 

審査はプランナーが実際に車を確認しながら査定をするため、自分の希望する場所、時間をしっかりと伝えることが大切です。

 

 

その後この審査情報を元に査定額が決定します。金額に納得できたら契約手続きがはじまります。契約に納得できなかったらじっくり話すことも必要です。

 

交渉によっては、査定額がアップすることもあります。

 

 

交渉が成立しますと次は、入金となります。
業者にもよりますが入金は、指定銀行へ2、3日で振り込まれるため大変スムーズになっています。

 

 

これらが一連の基本的な売却までの流れとなります。

 

 

なお、高く売れるコツとしては、

 

1、査定に出す前に車をきれいにし、さらに売るタイミングを逃さない

 

2、買い取り前に車検等はもしかしたら損になるから良く店舗と検討する

 

3、付属品も忘れずに

 

4、査定の際はしっかりと良いアピールをすること

 

5、また整備、点検もしていることをしっかり伝えることとなります。

 

これらが、査定額をアップさせるための大まかなポイントです。