車を処分する理由は、様々あります。
新しい車に乗り換える為や、長く乗っていない車をお持ちの方など廃車をお考えの方は、
どのような手続き書類が必要なのか、詳しく知らない方が多いです。

 

 

また業者に依頼をする場合と、
ご自分で行う場合の書類は揃える種類に違いがありますので注意が必要です。

 

 

今回は業者に依頼をする場合の、必要書類についての説明をします。

 

 

3つの種類に分かれている、廃車手続きによって必要な書類は異なりますので、
ご自分の廃車方法をよく確認してから、書類を揃える事が大切です。

 

 

まず普通自動車(軽自動車)を永久に廃車抹消登録する場合には、

 

1) 発行日から3か月以内の所有者の印鑑証明書と、所有者の実印の押印がある委任状

 

2) 車検証と前後面2枚のナンバープレート

 

3) 移動報告番号と解体報告記録がなされた日のメモ書き(申請書に記入するため)

 

以上の物が必要となります。

 

 

一時的に車の使用を中止する時などに行う一時抹消登録に必要な書類は、
発行日から3か月以内の所有者の印鑑証明書、
所有者の実印が押印された委任状、車検証、前後面2枚のナンバープレートです。

 

 

そして一時抹消登録を済ませた車を、解体する場合に行う解体届出に必要な書類は、
所有者の認印の押印がある委任状、登録識別情報等通知書(もしくは一時抹消登録証明書)、
移動報告番号と解体報告記録がなされた日のメモ書き(申請書に記入のため)が必要となります。

 

 

以上が廃車方法の種類によって違う書類の基本的に必要な物なのですが、
車検証やナンバープレートなどを紛失・盗難にあったなどで、
返納出来ない場合などには理由書が必要となる場合がありますし、

 

 

災害等による廃車の手続きには罹災証明書などが必要です。
他にも所有者の様々なケースによって、必要な書類も変わってきますので、
スムーズに廃車手続きを行う為にも、事前にどのような書類が必要なのかを知っておく事がとても重要です。

 

 

このように廃車手続きは、詳しくない人にとっては非常に面倒で分かりにくいです。

 

廃車手続きをお願いして、さらにお金をもらうことができる!そんな業者もありますので
ご覧くださいませ。

 

 私は廃車して3万円もらいました(^.^)